宇宙科学講演と映画の会の撮影を行いました。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

藩長補佐の、えのです。

機材藩は、4月29日に行われた超会議でとても盛り上がっていますが、実は同日に別イベントの撮影を行っていました。JAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙科学研究所が主催する「第35回 宇宙科学講演と映画の会」の撮影を行いました。

機材藩としては、撮影が被った前例は無く、今回初めてチームを2つに分け、撮影に望みました。

こちらは超会議と違い、スイッチング収録ではなく、各カメラに録画するだけの撮影でした。ちなみに、その素材たちを編集し、YouTubeに公開するまでが今回のミッションです。公開は5月下旬になります。公開しましたら、Twitter等でお知らせします。

◯今回使用した機材

SONY HVR-Z7J 2台
Canon XA25 1台
Canon XA20 1台
Blackmagic VideoAssist 2台
Blackmagic Design HyperDeckShuttle2 1台
Sandisk SSD 128GB 2枚
Sandisk SSD 480GB 2枚
Sandisk SDXC 64GB 2枚
Sandisk SDXC 32GB 6枚
YAMAHA MG-10 1台

BlackmagicVideoAssistのSDカード、どれが使えるの?って思われてる方、結構多いのではないでしょうか。メーカーが推奨するSDカードは、ちょっとお高いやつですが、私の使っているSDカードは秋葉原で4500円くらいで売っているSandiskのW 90MB/s,R 95MB/sのものです。今回は長時間でしたのでProres LTで収録しましたが、それでも1時間は余裕で持ちます。しかし、W 90MB/sクラスのカードを使用しないと、コマ落ちします。。。(今回はバックアップでHyperDeckを回していて事なきを得ましたが、気をつけたほうが良さそうです。)

HDV規格のHVR-Z7JにVideoAssistを取り付け運用しましたが、ホールの撮影では画面が大きく非常に使いやすかったです。それにしても、先日発売されたBlackmagic VideoAssist4K良いですね〜。SDカードのスロットが2枚あるんですから…

HVR-Z7Jのうち1台は、変態仕様になっているんです(笑) こういうのが機材藩の原点ですね。(ズームもフォーカスもデマンド操作可能です..)

HDV(HVR-Z7J)機にVideoAssistを設置している様子
HDV(HVR-Z7J)機にVideoAssistを設置している様子(毛蟹氏撮影)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA Slack for iOS Upload S__48840712

イベントの詳細は以下の通りです。

開催日時 2016年4月29日(金・祝)
13時00分~16時00分(開場:12時30分)
場 所

新しいウィンドウが開きます 相模女子大学グリーンホール 大ホール
相模原市南区相模大野4-4-1
小田急線「相模大野駅」北口より徒歩4分

対 象 内容は中学生以上を対象としていますが、どなたでもご参加いただけます。(定員 1,000名)
参加費 無料
参加方法 事前申込は不要です。当日直接会場へお越し下さい。
問い合わせ先 JAXA 宇宙科学研究所 広報係
〒252-5210 神奈川県相模原市中央区由野台3-1-1
TEL:042-759-8008(平日9:30~17:45)
主 催 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所
公益財団法人 相模原市民文化財団
12:30 開場
13:00~13:05 開会の挨拶
13:05~13:55 講演1
『西暦2016年、強化型イプシロン 発進!
森田 泰弘
イプシロンロケット プロジェクトマネージャ
13:55~14:45 講演2
『太陽系大航海時代の訪れ』
川口 淳一郎
元 小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトマネージャ
14:45~15:00 休憩
15:00~15:20 映画上映
『金星探査機「あかつき」挑戦の道のり(仮題)』
15:20~15:50 講演3
『「あかつき」との15年』
中村 正人
金星探査機「あかつき」プロジェクトマネージャ
15:50~16:00 質疑応答(全体)
16:00 閉会の挨拶

公式ホームページ : http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/event/2016/0429_kouen.shtml

 

個人的な話になりますが、私は宇宙科学に非常に興味があり、とてもおもしろい内容でした。冒頭、今年2月に打ち上げられ、異常な状態が発生していた「X線天文衛星ASTRO-H(ひとみ)の復旧を断念しました」という残念な知らせから入りましたが、失敗に臆することなく、今後も研究開発を行っていって欲しいと思います。機材藩の技術者だって失敗に失敗を重ねて、ようやくタリーシステムの完成・運用にこぎつけているんですから。

ちなみに、今回私はカメラを一切触らず、メディアバックアップの傍ら講演に夢中になっておりました。。そんな講演会の映像ですが、5月下旬に公開予定。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。